ABOUT US

職人の熱量と、確かな技術で職人の熱量と、確かな技術で
豊かな未来を創造します

会社理念

「ものづくりから豊かさを創造する」

~社員一人ひとりの心・暮らし・才能を豊かにし
社会の問題・課題を解決する技術を身につけ
豊かな世界を創る~

社長あいさつ

(有)アーク工業所は1972年に創業しました。以降、多くの皆様のご支援、ご支持いただき、環境設備、工作機械、省人化機械、食品関連機械、医薬品関連機械、建設機械や建築分野、半導体関連など、多くの業種のお客様と繋がり成長発展してまいりました。
多様化するニーズに応えられるよう、多品種少量生産、量産、短納期対応など一貫した生産体制をはじめ、企業間ネットワークを構築し、塗装処理・各種メッキ・制御・大物製缶・機械加工などを含む生産体制も整えております。
私どもアーク工業所は「ものづくりから豊かさを創造する」の理念の基、スタッフ一人ひとりの心・暮らし・才能を豊かにする人材育成・教育を継続的に行い、お客様や地域・社会に貢献し、より豊かな世界を創造する会社を目指し挑戦してまいります。

柏井一博の写真

代表取締役社長柏井一博

会社概要

企業名有限会社 アーク工業所
住所松江市東出雲町春日323-5
創業昭和47年8月(平成3年6月設立)
資本金900万円
営業品目 レーザー加工/ 精密板金/ 製缶/ 鉄・ステンレス・アルミニウム各種溶接/ YAGレーザー溶接
有限会社アーク工業所の写真

沿革

1972年東出雲町出雲郷で柏井房男が農機部品の溶接で創業。
1986年東出雲町春日に工場を移転。
1990年板金分野に進出。プレスブレーキ、スポット溶接機、溶接ロボットを導入。
1990年資本金300万円で有限会社アーク工業所を設立。
1995年工場及び事務所を増設。
1996年ステンレス加工に着手。TIG溶接機を導入。
2005年資本金600万円に増資。前年建設した倉庫を増設し第二工場とする。
2010年柏井一博が代表取締役社長就任。YAGレーザー溶接機を導入し薄板溶接に特化。
2012年3D-CADを導入し試作・開発・設計分野の加工に着手。
2013年レーザー加工機、CAD/CAMシステムを導入し一貫生産体制を構築。
2016年食品、医薬品関連等に本格進出。バリ取り機を導入。
2017年資本金900万円に増資。
2019年ポータブルスポット溶接機を導入し大物のスポット溶接に対応。